宮城県から届いたメール

2016年7月、宮城県庁から1通のメールが届きました。
「石黒浩教授の介護施設での実証研究に協力します」

熱意のあるメールでとても嬉しかったのですが…テレノイドは風変わりなロボットです。イメージと違っているかもしれません。「まずは実物を見て、体験し、それから考えませんか?」と提案しました。

早速8月に宮城県を初訪問しました。県職員の方々に体験してもらいました。「これは体験しないと良さが理解できませんね!」「びっくりしました」「写真より実物の方が断然良い!」等々、皆さんから驚きの声が挙がりました。

そして、「高齢者の方がどう反応されるか、見てみたい」という意見が出て、9月に宮城県にある5カ所の高齢者施設を訪問することになりました。そこで、テレノイドを高齢者の方に使ってもらいました。

テレノイドが「こんにちわ」「はじめまして」「抱っこして!」「ありがとう」と呼びかけます。

おじいちゃんも、おばあちゃんも「よく来たね!」「いい子だね」と言って笑顔になり抱きしめてくれました。

テレノイドも、おばあちゃん達をハグして「ありがとう、嬉しい」と答えます。

でも、全員が喜ぶわけではありません。「私はいらないわ」と言う女性もいました。認知症もなく、若々しい老婦人でした。「私は子育て経験がないから…無理よ」という言葉が聞こえてきました。

彼女は小さな子供への接し方が分からなくて戸惑っていました。

私はテレノイドの年齢を変えることにしました。英語で話しかけたのです。

「Hello!Nice to meet you!」

すると、その女性は
「あなた、英語が話せるの?! “Nice to meet you !” すごいわ!」と言って、目を輝かせました。

世界初の実用化が決まる

訪問先の1つが社会福祉法人みずほ特別養護老人ホームうらやす様でした。デモンストレーションを終えて、コーヒーを飲みながら職員と感想を語り合っていると、理事長が挨拶に来てくださいました。

理事長は施設職員から報告を聞くと、私にいくつか質問をしました。私の答えを聞くと、理事長は「このロボットを活かすには、職員が高齢者に一生懸命関わる必要がある、ということだね? 気に入った! 導入する」と言いました。

理事長は続けて、こう言いました。

『高齢者に物を与えておけばよい』という発想は、高齢者をバカにしている。そういう物は私の施設には必要ない。しかし高齢者は時間を持て余しているから、楽しめる物は必要だ。

私は理事長が施設運営に注ぐ情熱を強く感じました。

村井県知事×石黒教授

『特別養護老人ホームうらやす』への導入研修は2016年12月から始めました。2017年2月、宮城県主催のウェルカムセレモニーが行われ、村井県知事、石黒浩教授も出席しました。

こうして、まだ誰も経験していない”アンドロイドと暮らす場所”が宮城県に誕生しました。「アンドロイドとの生活を最初に楽しむ人々は誰なのか?」世界中が注目していました。

テレノイドは認知症向けに開発されたロボットではありません。結果的に、認知症高齢者達が”アンドロイドとの生活を最初に楽しむ人々”になったのです。

高齢者達は石黒教授が著名人であることを知りません。また、彼らはテレノイドが著名な研究成果であることも知りません。

テレノイドに会い、優しい気持ちになるだけです。この”素朴な時間”に石黒教授の研究は貢献しています。

人が人と対話をする、相手を笑顔にする、その時に使う道具がテレノイドです。

(文:宮崎詩子)