テレノイドで楽しい個人面談を始めませんか?

ChatterBoxアプリのオプション機能としてコミュニケーションロボット“テレノイド”の操作や会話録音機能を開発中です。

人間同士の対話にテレノイドを交えると?

  • 電話の代わりになります。
  • リラックスして話ができます。
  • おしゃべりが弾みます。
  • 認知症状、自閉症状のある方にも使えます(相性◎)

Wi-Fiに接続します。

操作オペレーターが話した声が
テレノイドから流れます。

「抱っこして欲しいな」

「抱っこして欲しいな」

動作ボタンをタップすると…

ぎゅっとハグします。


導入実績(旧モデル)

介護施設

特養うらやす(宮城県)、特養ゆめパラティース(大阪府)他 計6か所

臨床研究機関

  ・グリフィス大学/オーストラリア
  ・国立精神・神経医療研究センター

テレノイドのどこに魅力を感じましたか?

  • 認知症の人が受け入れるところ。
  • 1時間以上続く強い不穏状態(BPSD)が10分で解決したこと。
  • 認知症状を持つ人の気持ちや状況を理解する教材になるところ。


テレノイドを使ってみました。
社会福祉法人隆生福祉会ゆめ長居公園グループホーム 山口由季

 これまでですと、不穏状態の時に、私たちが直接「傾聴」を試みても、かえって、刺激してしまうこともありました。そうなると、落ち着かれるまで、何もできずにただ待つしかない、という状態になり、大きな心のストレスでした。

 ところが、テレノイドを介することで、興奮状態のご利用者様とも、まずお話しができるようになります。 そして少しずつ、少しずつ、気持ちを話してくださったり、空腹とか便秘といった、不快な気持ちの背景について言葉や表情や行動で表現してくださったりします。

 テレノイドが共感する役を担うことで、安心感を得られるのか機嫌もよくなり雰囲気も良くなる様子はまるで魔法です。職員のメンタル面の助けとなっています。

長所

人間への愛情を引き出す

ロボット(人形)ではなく「人間(子供等)の存在」を感じさせます

不穏状態でも対話できる

気持ちや場の雰囲気を変えてくれます

心を開く時間が生まれる

自閉傾向が強い状態の方とも対話ができます

短所

人が操作しないと作動しない

掃除ロボットではなく掃除機のイメージです。

嫌う人もいる

ご本人理解の良い機会にして、嫌う自由を尊重します。

扱う人間にスキルが必要

人間力を磨くきっかけになります。

テレノイドは人間の使いこなし力が大事です。ロボット任せにするのではなく、ご利用者様と自分のコミュニケーションの手助けになる道具として使っています。